独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

患者様へ

臨床研究部

業務内容

臨床研究部は平成20年に正式の部門になりました。以後、それ以前にもまして多数の厚労省班会議への参加、文科省科研、医師主導臨床研究の立案・企画・実施を活発に行っており、毎年多数の学会発表と論文発表の成果を得ています。また機構主導の共同治験、多施設共同研究やEBM研究にも積極的に取り組んでおり、機構の取りまとめる臨床研究活動業績ポイントでは全病院中の上位15%、旧国立療養所系病院の中では1、2を争う業績を上げるまでになっています。 神経筋、呼吸器疾患(腫瘍、非腫瘍)、胸部外科、骨関節外科のいずれの部門でも、基礎的な病態解明や新たな治療の試みから終末期医療に至るまで、幅広く臨床研究を行っていることが特色です。多数の臨床研究のラインナップについては臨床研究審査委員会承認研究の一覧をご覧いただき、成果の一部についてはトピックスをご覧ください。

トップへ

部長・室長

臨床研究部組織図

組織図

臨床研究部長 松村 剛 (専任)
情報管理システム研究室長山口 俊彦(副統括診療部長兼任)
肺腫瘍学研究室長森 雅秀(呼吸器腫瘍内科部長兼任)
胸部外科学研究室長竹内 幸康 (呼吸器外科部長兼任)
呼吸学研究室長三木 啓資臨床研究部医員
抗酸菌研究室長北田 清悟(呼吸器内科部長兼任)
神経筋研究室長 齊藤 利雄 (神経内科医長兼任)
整形外科学研究室長井澤 一隆(整形外科医長兼任)
<院内>

トップへ

臨床研究審査委員会

トップへ

利益相反審査委員会

トップへ

臨床研究に関するお知らせ

当院では同意を得た上で患者様の医療データをもとに以下の臨床研究を実施しております。患者様の個人情報は固く守られ、医学雑誌等に発表する場合も個人が特定できないように配慮しています。

医療データ等の提供をご辞退される場合、また研究の内容についてより詳細 な情報を希望される場合やご質問等がある場合には各研究の担当医師までお申し出ください。

トップへ

トピックス

トップへ