独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

患者様へ

放射線科 - 放射線治療

刀根山病院では新しい放射線治療装置の工事を行っております。平成26年6月稼働予定

放射線によるがんの治療とは

がんに放射線を当てて、がん細胞を破壊してがんを消滅させたり、小さくする治療です。骨転移による痛みや脳転移による神経症状を和らげるときにも行います。

放射線によってがんを治療する

放射線は、細胞が分裂してふえるときに必要な遺伝子に作用して、がん細胞を消滅させたり、少なくしたりします。放射線治療はこのような作用を利用してがんを治療します。刀根山病院では、リニアックと呼ばれる外部から放射線を当てる装置を利用して放射線治療を行っています。
放射線治療の利点は、手術によって切除することなく、がんに対して治療効果を期待できることで、臓器の機能をのこしたまま、治療可能な事です。がんの種類によって放射線治療の効果(効きやすさ、治りやすさ)は大きく異なり、治療の場所などによって副作用の起こり方もさまざまです。
放射線治療は、がんを治すことを目的として単独で行われることもありますが、薬物療法(抗がん剤治療)や手術などのほかの治療と併用して行われることもあります。このほか、骨に転移したがんによる痛みを和らげたり、神経を圧迫してしびれや痛みの原因になっているがんを治療するときにも行われます。治療の進め方について、放射線診断医・治療医、外科医、薬物療法を担当する腫瘍内科医など、それぞれの専門家が集まって検討されます。

放射線治療にかかわる人たち

放射線治療は、さまざまな専門の医療職種からなるスタッフがチームとなって行います。放射線治療医(チームの責任者)、放射線品質管理士、診療放射線技師(放射線治療医の指示のもとで、実際に照射を行う)、看護師などが協力して診療を行っていきます。

放射線治療

治療用照射装置出力線量の第三者機関による測定評価を受けています

放射線治療における品質を担保するため、当院では毎朝、放射線治療品質管理士により専用装置を用いて放射線の安定性の確認をおこなっています。
また、安心・安全な放射線治療がおこなえるように定期的な点検により装置の変化を確認し、適切な調整をおこなっています。  

第三者による放射線治療装置の出力確認のため、公益財団法人医用原子力技術振興財団による【治療用照射装置(X線)の出力線量の測定評価】を受け、照射装置の出力線量は許容範囲内であることが認められました。

ANTM

トップへ

放射線治療の準備と実際の流れ

放射線治療医による診察と説明

放射線治療を受けることになると、担当医から紹介された放射線治療医の診察を受けます。放射線治療医は、がんの広がりや体の状態、これまでの検査や治療の内容をもとに、放射線治療を行うかどうか、どのように行うか、治療を行う場合の目的や副作用、ほかに行う治療などについて検討します。治療の前に、治療の方法、期待される効果、予想される治療期間、副作用などについてよく聞いておきましょう。

診察と説明

治療計画

CTと治療計画装置を使い、がんや周囲の正常組織の位置を把握し、どの部位に、どの方向から、どのくらいの量を何回に分けて照射するかを検討し、治療計画を立てます。正確に放射線を当てるため、治療中に体が動かないようにする固定具を作製することがあります。皮膚の表面や固定具に印を付ける(マーキング)作業も行います。皮膚の印は治療が終わるまで消さないでください。

治療計画

放射線の照射

毎回の治療は、印をもとに照射部位を正確に把握し、診療放射線技師が行います。一般的な治療に要する時間は、治療室に入ってから出てくるまで10~20分程度で、実際に放射線が照射されている時間は数分です。

放射線の照射

全体の予定は治療計画により異なりますが、多くの場合、1週間に5日の治療を数週間にわたって行います。

経過観察

治療の間に定期的に放射線治療医の診察があります。治療効果や、副作用がどの程度であるかを把握することが目的で、治療開始時に決めた予定どおりに治療を継続するかどうかを判断します。必要に応じてX線検査、血液検査を行ったり、副作用に対する治療を行ったりします。

トップへ

治療中の生活で心がけておきたいこと

放射線治療は通院で行われることが多く、仕事や家事などができる場合もありますが、治療中は体調に気を配り、無理をしないようにしましょう。外照射の場合、放射線が体内に残ることはないので、周囲への影響はありません。

食事は十分にとる

回復を早めるためにも、消化がよく、栄養価の高いものをとります。

休養をとる

疲れやすい、だるいなどと感じたら、無理をしないで休みましょう。

放射線をあてた場所の皮膚に注意する

放射線をあてた部位の皮膚は日焼けしたようになり、刺激に弱くなります。直射日光を避け、化粧品や香水などは、放射線をあてる部位の皮膚には付けないようにしましょう。

トップへ

放射線治療の主な副作用と対策

副作用は、主に放射線を当てた場所に起こります。治療中や治療直後(急性期)に現れるものと、半年から数年たってから(晩期)現れるものがあります。
症状の起こり方や時期には個人差があります。

疲労感、だるさ

疲れやすい、だるい、気力が出ない、などの症状が現れることがあります。
治療中は過度な運動を避け、疲れやだるさを感じたら、無理をしないで休みましょう。治療中に感じた疲れは、治療が終了して数週間のうちには感じなくなります。

食欲がない

治療中に食欲がなくなることがあります。腸に放射線が当たることによる直接的な影響だけでなく、がんの治療に対するストレスも関係すると考えられています。
放射線により障害を受けた正常細胞の修復などのために、普段以上にカロリー、栄養素をとることが望まれます。少量ずつでも数回に分けて食べたり、高カロリーの食事をとるなどの工夫をします。食事がとれないときは無理をしないで、担当医や看護師、栄養士に相談しましょう。

皮膚の赤み、かゆみ

放射線を当てた部位の皮膚が日焼けしたように赤くなったり、乾燥したり、かゆみや痛みを感じたりします。
こすったり、かいたりしないようにしましょう。衣類は皮膚を刺激しないものにし、入浴やシャワーは短時間で、ぬるめのお湯にし、刺激の少ない石けんを使って泡で流すようにして、ゴシゴシ洗わないようにします。冷たい風や直射日光を避け、痛みや熱感が強い時期には冷やすと軽くなることがありますが、冷やしすぎないようにします。なお、かゆみ止めの軟こうなどの塗り薬を付けるかどうかは、医師の指示に従うことが必要です。

吐き気

腹部への照射のために胃や腸管の粘膜が荒れることで吐き気を感じる場合と、頭部への照射による影響で吐き気を感じることがあります。

下痢

腸への照射によって腸が荒れると、下痢や軟便になることがあります。

口の中の渇き(口腔乾燥)、口内炎

頭頸部(とうけいぶ)のがんなどで口の中やのどに放射線が当たることで、口の中が渇く、のみ込みにくいなどの症状が現れたり、口内炎になったりします。

やわらかい歯ブラシで歯を磨き、口の中を清潔にしましょう。こまめなうがいもおすすめです。食事は、粘膜を刺激しないように、かたいものや熱いものは避けましょう。痛みがあれば我慢しないで担当医に相談しましょう。炎症を抑えるうがい薬、塗り薬や痛み止めなどを処方されることがあります。

脱毛

頭部に放射線を当てると、頭皮が荒れたり、毛の根元にある細胞が影響を受けることによって脱毛が起こることがあります。治療が終われば、多くの場合再び生えてきます。

脱毛の起こる時期や、再び生えてくると予想される時期を聞いておくと、心の準備ができます。脱毛が始まったら、医療用のかつら(ウィッグ)や帽子などを上手に取り入れるのもよいでしょう。直射日光や乾燥に気を付けるなど、頭皮を保護することも大切です。髪を洗うときは地肌を強くこすらないように注意して洗い、すすぎはぬるま湯で流す程度にします。

トップへ