独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

患者様へ

放射線科

診療の特色

放射線科は、病院の高度診療を支える部門の1つです。病院各科の医師と放射線科医、そして放射線技師や看護師などのコメディカルスタッフの共同作業で、放射線(X線・γ線)や磁気共鳴を利用して、画像を使って体の中を調べる検査を行う画像診断部門と、高エネルギーX線・電子線を利用して治療を行う治療部門があります。

画像診断部門

一般撮影(胸部や骨のレントゲン)・骨密度・CT・MRI・RI検査を行っています。

画像診断は、病院の中では縁の下の力持ち的な作業ですが、我々は、専門技術を持つプロフェショナルとして機器や装置の能力を十二分に発揮させ、病院の安全・安心の高度診療を支えています。

刀根山病院では、造影剤を用いたCT検査・MRI・RI検査は、完全予約制で行っておりますが、それ以外の検査は、随時行っておりスムーズな診断の手助けを担っています。

また他の医療機関からの検査依頼も地域ネットワークセンターを介して受け付けています。

治療部門

外照射(リニアック)

がん治療の3本柱の1つである放射線治療を担っている部門であり、大阪大学医学部放射線治療科より放射線治療医を招聘し、医師と放射線技師で放射線治療を行っています。

また放射線治療科医師による診察・放射線治療計画は、(火曜・木曜・金曜)に行い、照射は通常、土曜・日曜・祝日を除く毎日、放射線治療技師により悪性腫瘍に対する治療を行っています。

平成26年度リニアック治療棟新築工事が完了し、より高度な放射線治療への対応が可能となる新装置へ更新されました。またリニアック棟の中に治療計画専用のマルチスライスCT装置が導入され、よりスムーズな運用が可能となりました。

より詳しく知りたい方

放射性同位元素内用療法

また多発性骨転移の疼痛緩和療法としてメタストロン(89Sr塩化ストロンチウム)による放射性同位元素内用療法も可能です。

より詳しく知りたい方

トップへ

スタッフ

竹内 規之

放射線科部長
竹内 規之
認 定
日本放射線学会
診断専門医
放射線治療科医師
川嶋 篤(火曜日)
山口 廣子(木曜日)
中村 亮介(金曜日)
診療放射線技師
10名
放射線科
資格・認定
放射線治療専門技師(2名)
放射線治療品質管理士(2名)
X線CT認定技師(3名)
核医学専門技師(1名)
救急撮影認定技師(2名)
医療情報技師(1名)
日本血管撮影インターベンション専門診療放射線技師1名)
放射線機器管理士(1名)
アドバンスド放射線技師(1名)

トップへ

主な装置紹介

CT

SIEMENS Definition AS+

SIEMENS

Definition AS+

(平成21年3月から稼働)

短時間で広範囲の撮影が可能な128スライスCT

詳細はこちら

MRI

GE Healthcare Japan SIGNA EXCITE HD 1.5T

GE Healthcare Japan

SIGNA EXCITE HD 1.5T

(平成17年9月から稼働)

1.5テスラMRI装置

骨密度装置

Lunar Prodigy

GE Healthcare Japan

Lunar Prodigy

(平成21年11月から稼働)

信頼性の高いDEXA法での骨密度検査が可能

詳細はこちら

核医学検査 SPECT

GE Healthcare

GE Healthcare
  Discovey NM630

 

(平成29年1月から稼働)

詳細はこちら

一般撮影装置

3部屋で胸部・骨等の撮影を行っております。フイルムを用いないデジタル撮影装置でX線写真を撮影しており、画像診断の基礎となる画像を提供しています。

刀根山病院 放射線科では、患者様の待ち時間軽減・被ばく低減を目指すため、日々努力しており、フイルムレスシステムの導入、CR装置からフラットパネル装置への更新をおこなっております。

TOSHIBA ECAM

また胸部撮影では、直接肌が触れる部分には使い捨てのシート用いて清潔度を保っています。

また、以前は衣服を脱いでの検査をお願いしていましたが、無地のシャツでの撮影に変更しました。ただし、女性の方でゴムによる締め付け、パット等で生地が厚くなっている肌着の場合は、画像診断に影響が認められるため、使い捨てのエプロンをお渡ししていますので、診断能向上のため衣服を脱いでの撮影にご協力お願いします。

 

透視装置(DR透視)

透視装置(DR透視)

消化管透視・脊髄腔造影・嚥下造影検査(VF)を主に行う装置です。

嚥下造影検査( VF : Video Fluoroscopic examination of swallowing )
嚥下障害の原因と病態を明らかにするため、造影剤または造影剤を含む食品を嚥下させ、口腔・咽頭・食道などの状態と運動をX線透視を用いて詳細に評価する検査で、嚥下障害に対する治療効果の判定、および経口摂取の可否、食事形態の選択について判断のため行われる検査です。

トップへ