独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

患者様へ

整形外科・リウマチ科 - 骨関節結核・感染

骨関節結核(カリエス)・骨関節感染症

担当医:井澤

骨関節結核とは

結核は戦後に薬物治療が発展したことにより、日本では激減しました。しかし世界的に見ると未だに一般的な疾患であり、残念ながら欧米と比べると日本での発生率はまだまだ高いレベルにあります。結核はまず肺から感染するので、肺結核として発症することがほとんどですが、中には骨や関節に結核菌が感染する場合もあります。それを骨関節結核と呼びますが、代表的なものは結核性脊椎炎(脊椎カリエス)です。結核性脊椎炎では比較的ゆっくりと骨がつぶれていくために、発症が見落とされることが多く、診断がついた時には変形・麻痺・膿の貯留が進んでいることが少なくありません。治療としてはまず薬物治療が最優先ですが、結核病巣の拡がりや症状によっては手術を併用します。

当科の特色

当院は1917年に創立された全国初の公立結核療養所として出発しており、結核専門病院としての長い歴史と実績を誇っております。併設されている結核研究所は日本の結核病研究の一端を担ってきました。当院はそうした背景を持つ肺結核治療の専門医療施設であり、結核の治療で最も重要な薬物治療における豊富な治療経験を有しております。一方で以前と比べると結核を治療できる病院は少なくなっており、その中で整形外科を併設している病院はさらに限られます。当科では長年にわたって骨関節結核治療に取り組んでおり、現時点で年間治療件数では全国で最も多い病院です。関西地区はもちろんのこと、全国の病院から常に患者さんをご紹介いただいております。入院(病棟:C棟2階・3階)、薬物療法、保存治療、手術治療、リハビリ、退院後の通院治療など、骨関節結核の治療をトータルで行うことのできる全国でも数少ない施設の一つと言えます。またそうした治療経験を元に結核以外の骨関節感染症(化膿性脊椎炎、化膿性関節炎)についても、積極的に治療を行っております。

診療を希望される患者様へ

骨関節結核(カリエス)および骨関節感染症に関して初めて当科を受診される場合は、毎週火曜日午前9時から11時におこしください。セカンドオピニオンも受け付けております。既に医療機関にて治療を受けておられる方は主治医の先生とご相談の上、当院地域医療連絡室を通し予約を取ってお越し下さい。

医療機関の先生方へ

骨関節結核の疑いで診断に難渋している、診断確定後に治療を引き受けてくれる病院がなく困っている等、今まで多くの先生方からご相談を承っております。関西に限らず関東、中部など遠方の先生方からのご相談も少なくありません。また整形外科だけでなく内科や保険所の先生方からのご相談もあります。まずは担当医(井澤)まで直接お電話下さい。

臨床研究

骨関節結核は病態・治療共に、まだ解明されていない課題が多く残されています。しかし国内での症例数が少なくなっているため、臨床研究を行うことが出来る施設が非常に限られています。当科は豊富な症例数に基づいた骨関節結核の臨床研究を行っており、日本脊椎脊髄病学会、日本結核病学会、日本骨関節感染症学会などで継続的に発表しています。また平成22年11月には、担当者(井澤)は平成22年度日本脊椎脊髄病学会アジアトラベリングフェローシップに選出され、ベトナムと韓国での脊椎結核の視察と手術研修に参加しました。

参考文献

  1. 井澤一隆:骨関節結核治療終了例におけるQFT-2G, TBGL, LAM測定値の検討.結核88:277-281,2013
  2. 井澤一隆:整形外科領域の結核.日本臨床69:1413-1416,2011
  3. 井澤一隆、町田正文、井本一彦、米延策雄:結核性脊椎炎および関節結核に関する疫学的調査.臨床整形外科45:317-322,2010
  4. 井澤一隆、米延策雄:椎体・椎間板炎の画像所見.脊椎脊髄23:373-379,2010
  5. 井澤一隆:関節・筋肉での結核病巣に対する手術療法.関節外科29(12):1411-1417,2010
  6. 井澤一隆:結核性肩関節炎の臨床像-12例の検討-.肩関節33:801-804,2009.
  7. 北田祐紀、井澤一隆:結核性脊椎炎における脊柱変形の進行因子.脊椎脊髄ジャーナル22:574-578,2009
  8. 井澤一隆:結核性脊椎炎の治療.脊椎脊髄ジャーナル21:1144-1149,2008
  9. 井澤一隆:骨関節結核の診断と治療.日本医事新報4411:62-66,2008
  10. 大木智香子、井澤一隆、鍋島隆治、米延策雄:Pott麻痺に対する外科的治療後の回復過程.整形外科59:425-429,2008
  11. Maeda Y, Izawa K, Nabeshima T, Yonenobu K. Tuberculosis spondylitis in elderly Japanese patients. J Orthop Sci 13:16-20,2008
  12. 井澤一隆:骨関節結核.結核82:857-859,2007
  13. 井澤一隆:高齢者の脊椎脊髄疾患:結核性脊椎炎.脊椎脊髄ジャーナル20:647-651,2007
  14. 井澤一隆:脊椎脊髄疾患の治療戦略:結核性脊椎炎.脊椎脊髄ジャーナル19:687-693,2006

トップへ