独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

患者様へ

麻酔科

診療内容

手術室における麻酔・全身管理

麻酔の種類は、大きく分けて全身麻酔と局所麻酔(硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔・神経ブロックなど)の2つがあります。麻酔科医が術前診察を行い、手術術式や患者さんの体の状態によって、どのような麻酔を行うかを計画します。

近年、高齢の方や合併症を多く持つ患者さんが増加し、手術リスクが増加する傾向にあります。麻酔科医は、外科系の医師と共に、いかに安全に手術を遂行できるか、術後を安楽に順調に過ごしていただけるかを考え、実践しています。

当院の外科系の診療科は、呼吸器外科と整形外科の二つです。

呼吸器外科の、肺癌、自然気胸、膿胸などの呼吸器外科の手術の大半は、現在は胸腔鏡で行われています。胸腔という限られたスペースの中で、手術がやりやすいような視野を確保する必要があり、そのために左右の肺の呼吸を別々に調節することが要求されます。

手術の後の痛みのことも、患者さんの大きな心配事と思います。しかし、手術が終わり目を覚ましたとたんに、「イタタ・・・」となることがないようにするための、痛み止めの手段がいくつかあります。鎮痛薬の持続皮下注射・硬膜外持続注入などです。当院麻酔科では患者さんの痛みの大きさと体力とを考慮して、術後の痛み止めの手段を使い分けています。

緩和ケア

緩和ケアとは、2002年のWHOの定義によりますと、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである」と、されています。

がん患者さんの、痛みやそのほかの症状をやわらげるために、主治医の手伝いをするのが、緩和ケアチームの役割です。

当院の緩和ケアチームは、約10年前から活動しており、麻酔科医は、内科医・薬剤師・認定看護師・栄養士からなるメンバーとともに、月・水・金の週3回の緩和ケアラウンドを行っています。カルテを読み、患者さんと親しくお話をし、主治医と話し合って、患者さんの困っておられる事柄に対処するよう努めています。

当院に入院中の患者さんであれば、いつでも緩和ケアチームのサポートをうけることができます。通院中の患者さんに対しては、原則として、がん疼痛認定看護師が対応しています。

今のところ、緩和ケア病棟はありません。

トップへ

スタッフ紹介

名前 役職 資格
松原 陽子 麻酔科部長 呼吸器緩和ケア科部長 日本麻酔科学会専門医(指導医)
日本緩和医療学会暫定指導医
松岡 由里子 麻酔科医長 日本麻酔科学会専門医(指導医)医学博士
日本東洋医学会 漢方専門医

トップへ