独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

病院概要

病院概要

基本理念

生命を大切に、人権を尊重し、社会から信頼される最良、最適の医療をめざします。

運営方針

  • 病む人の立場を尊重した安全で安心できる医療の提供
  • 快適な医療環境の提供と健全な病院運営
  • 呼吸器疾患、神経・筋疾患を中心とした専門医療の推進
  • 社会状況に対応した医療連携の強化
  • 臨床研究、職員研修の充実

管理者のご紹介

役 職 氏 名 英字表記
院 長 佐古田 三郎 Saburo Sakoda
副院長 藤村 晴俊 Harutoshi Fujimura
統括診療部長 横田 総一郎 Soichiro Yokota
臨床研究部長 松村 剛 Tsuyoshi Matsumura
事務部長 前田 真次 Shinji Maeda
看護部長 奥田 淳子 Junko Okuda
薬剤部長 山内 一恭 Kazutaka Yamauchi

トップへ

沿革

大正 6年 9月 1日 大阪市立刀根山療養所として創設
昭和 4年 4月 1日 大阪市立刀根山病院に名称変更
昭和 18 年 4月 1日 日本医療団に移管、日本医療団刀根山病院となる。
昭和 22 年 4月 1日 厚生省に移管、国立療養所刀根山病院として発足
平成 11 年 3月 呼吸器疾患、神経・筋疾患の専門医療施設となる。
平成 16 年 4月 1日 独立行政法人国立病院機構刀根山病院となる。
平成 20 年 4月 1日 臨床研究部の設置。

主たる診療機能

  • 呼吸器疾患(結核を含む)に関する専門的な医療を行う。(結核の拠点施設)
  • 神経・筋疾患(筋ジスを含む)に関する専門的な医療を行う。
  • 運動器疾患に関する専門的な医療を行う。

トップへ

病院概要

国立病院機構 刀根山病院は、呼吸器疾患(結核を含む)、神経・筋疾患(筋ジスを含む)、および骨・運動器(整形外科)疾患の専門病院として、おもに、呼吸器疾患については肺結核、肺がん、非定型抗酸菌症、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺気腫、喘息、肺真菌症、肺線維症、慢性呼吸不全(在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法)、心肺不全など、神経・筋疾患についてはパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、筋ジストロフィーなど、骨・運動器疾患については脊椎疾患、関節リウマチ、変形性関節症の疾病について、高度の診断と治療を行っています。

また、エイズ治療拠点病院でもあり、エイズに合併した結核の専門的な医療も行っています。

国立病院機構 刀根山病院の概要

名称 独立行政法人国立病院機構 刀根山病院
所在地 〒560-8552 大阪府豊中市刀根山5丁目1番1号
電話番号 TEL:06-6853-2001
FAX番号 FAX:06-6853-3127
病床数 500床(内訳)一般410床(筋ジス80床含む)、結核90床
標榜診療科
(18診療科)
内科、(心療内科)、神経内科、呼吸器内科、呼吸器腫瘍内科、呼吸器緩和ケア内科、小児神経内科、外科、整形外科、リウマチ科、呼吸器外科、(耳鼻いんこう科)、(眼科)、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、(歯科)、病理診断科
※小児神経内科は筋ジストロフィーの患者の治療を対象としている。
※耳鼻いんこう科・眼科・歯科・心療内科は入院患者の治療を対象としている。

トップへ

主な設備

トップへ

医学会認定研修等施設

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 呼吸器外科専門医制度基幹施設
  • 日本麻酔科学会認定研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本神経学会認定医制度教育施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本整形外科学会認定医制度研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設
  • 日本栄養療法推進協議会NST(栄養サポートチーム)稼働施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST(栄養サポートチーム)稼動施設
  • 日本緩和医療学会認定研修施設
  • 日本高血圧学会専門医認定施設
  • 日本病理学会研修認定施設
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本リハビリテーション医学会研修施設

トップへ