独立行政法人国立病院機構 刀根山病院

文字サイズ 小 中 大

病院概要

大阪府がん診療拠点病院(肺がん)について

このたび、当院は大阪府から肺がんの診療に関し、がん診療拠点病院に指定(更新)されました。
当院では、今後も、肺がん診療をより充実させるとともに、北摂の拠点として地域の医療機関と協力し、肺がんに関する医療機関間の連携の推進、地域の医療水準の向上、患者様への情報提供・相談体制の充実、肺がんの新たな治療法の開発等に努めてまいります。

大阪府がん診療拠点病院(肺がん)
大阪府がん診療拠点病院(肺がん)指定書

院内がん登録について

「がん登録等の推進に関する法律」によって、全国の医療機関はがんと診断された人のデータを都道府県知事に届け出ることが義務化されました。この法律に基づき、当院では院内がん登録を行なっています。

院内がん登録とは、病院におけるがん医療の状況を的確に把握するため、当院におけるがん患者について、詳細な治療の状況を含む情報を収集し、院内がん登録データベースに記録し、及び保存することをいいます。院内がん登録データベースにおける情報の活用により、次に掲げる効果が期待されます。

  • 当該病院において診療が行われたがんの罹患、診察、転帰等の状況を的確に把握し、治療の 結果等を評価すること及び他の病院における評価と比較することにより、がん医療の質の 向上が図られる。
  • 国立がん研究センターにおいて、院内がん情報等を全国規模で収集し、当該情報を基にしたがん統計等の算出等を行うことにより、専門的ながん医療を提供する医療機関の実態把握に役立つ。
  • 病院や国立がん研究センターにおいて、院内がん情報等を適切に公表することにより、がん患者及びその家族等の医療機関の選択等に役立つ。
  • 行政において、公表された院内がん情報を活用し、がん対策の企画立案やがん医療の分析及び評価を行うことにより、がん対策の充実が図られる。

 当院では院内がん登録によって集積したデータを病院内での研究に提供することがあります。

なお、「がん登録等の推進に関する法律」では、がん登録にあたって患者様本人あるいはご家族の同意を必要とはしないとされています。もちろん、貴重なデータを提供していただいた患者さんのプライバシーや権利が侵害されることがないように、個人情報の取扱いやデータの処理方法について専門的な研修を受けた者ががん登録の業務を担当し、最大限の注意を払って実施しております。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

  >>>院内がん登録数


肺がんの新たな治療法の開発

肺がんの治療においては、今後の患者様のために新しい治療法の開発が必要になりますが、そのためには臨床試験が不可欠です。臨床試験は、その時点での標準治療に対して、新しい薬剤・新しい組み合わせ・投与法の変更などにより、治療効果の向上・副作用の軽減・QOL(生活の質)の改善が図れるかどうかを検討するものです。臨床研究の積み重ねで次の新しい標準治療が確立されていきます。肺がん診療に携わる専門施設として、当院では他の肺がんの専門施設と協力して、多くの臨床試験を行っています。また、新たな視点から当院独自でも臨床試験を行っています。  
以下に、いくつかの臨床試験を御紹介します。

肺がん治療における心臓ホルモン(hANP)の臨床研究

hANP(ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド)は心臓から分泌されるホルモンで、血管保護作用や利尿作用をもつため、20年以上前から心不全の治療薬として広く使われてきました。当院では10年ほど前から、心機能に問題がある患者様が肺がんの手術を受ける際にhANPを併用しており、手術中・術直後に起こりやすい不整脈などの心臓合併症が大きく軽減されることを当院呼吸器外科から報告しています(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21992849)。さらに、hANPを併用した患者様では、その血管保護作用により肺がん術後の再発が減らせる可能性があることが分かりました(http://www.pnas.org/content/112/13/4086.full.pdf)。  

呼吸器外科と呼吸器腫瘍内科では、この結果を踏まえて新しく臨床研究を開始しています。

●呼吸器外科

非小細胞肺癌手術適応症例に対する周術期hANP投与の多施設共同ランダム化第Ⅱ相比較試験(JANP study)

hANPを投与することで肺がんの術後再発を本当に減らすことができるのかどうかを確認するために、全国の主要な10施設と共同して大規模な臨床試験を開始しました。
http://www.ncvc.go.jp/pr/release/janp.html) 肺がんの手術を受けられる500人の患者様(心臓に問題のない方)を2グループに分けて、手術の際にhANPの投与を行うか否かで効果を比較するという試験です。呼吸器外科では、全国で最初に手術中のhANP投与を始めた施設として、この臨床研究を積極的にすすめています。なお、hANPは、現在心不全に対する適応しかなく、肺がんには保険適応されませんが、今回は特別に許可を得て研究を行います。この研究に適格な患者様には、手術前に担当者から詳しく説明させていただきます。心臓に問題のある方は、従来通り肺がんの手術の際にhANPを併用することが可能です。

●呼吸器腫瘍内科

初回治療としての肺癌症例に対する抗癌剤投与におけるhANP併用投与のパイロット研究
(軽度心不全を合併した肺癌の患者様)

内科的な抗がん剤治療はがん細胞に大きなダメージを与えますが、同時に正常の細胞にも少なからず影響が及びます。特に抗がん剤を点滴で投与した場合は、高い濃度の抗がん剤に直接さらされる血管の内側の(内皮)細胞には相当の炎症が起こることが予想されます。しかし、これまでに具体的に検討された報告はほとんどありませんでした。

そこで、血管内皮が保護作用をもつhANPを併用投与することで、血管系の副作用、特に心臓、腎臓、あるいは骨髄などへの影響が軽減されるかどうかを確認する臨床試験を開始しました。また、抗がん剤による血管の炎症を抑えることにより、遠隔転移が減るのかどうか、治療効果が変わるかどうかについても情報を集める予定です。本研究は当院単独で2015年から開始しましたが、2016年度より大阪大学医学部付属病院、関西医科大学付属枚方病院との共同研究に移行します。

肺がんの患者様で、初めて点滴の抗がん剤治療を受けられる際にhANPを併用します。現在いわゆる分子標的薬で内服治療中の方でも、まだ点滴の抗がん剤の治療を受けたことがない方であれば、今後点滴の抗がん剤を行う時に参加が可能です。(内服の分子標的薬(商品名):イレッサ、タルセバ、ジオトリフ、タグリッソ、ザーコリ、アレセンサ、ジカディア)

なお、hANPは、心不全に対して健康保険の適応がありますが、がんに対する適応はありません。そのため、心臓の働きが悪い、あるいは潜在的に心臓に負担がかかっている方で(心不全の指標であるBNPという数値で判断します)、さらにいくつかの条件を満たした患者様がこの研究に御参加いただけます。心不全の患者様は、血管系への抗癌剤の影響が特に懸念されるからです。

もし、この臨床研究に参加を希望される場合には、当院呼吸器腫瘍内科までお問い合わせください
(担当・呼吸器腫瘍内科部長 森 雅秀もしくは呼吸器腫瘍内科医長 矢野幸洋)。

肺がん治療における免疫療法について

従来の肺がんの治療は大きく分けると、手術、抗がん剤、放射線の3つの方法があり、これらを組み合わせてそれぞれの患者様に最適と考えられる治療法を検討していきます。一方で、人間に生来備わっている免疫を利用すれば体に優しい治療ができるのではないかと考えられ、これまで多くの方法が試みられてきました。

がん細胞に対する免疫は主として、がん細胞に特異的な蛋白(抗原)に対し免疫細胞が反応して腫瘍免疫が成立します。この免疫細胞(Tリンパ球)が腫瘍組織に集積し、抗原を認識してがん細胞を攻撃するとされています。しかし、これまで臨床試験で明確に有用性が証明された免疫治療の方法はありませんでした。

ところが近年、免疫療法としては従来の方法とは一線を画する新しい薬物群、免疫チェックポイント阻害剤が急速に脚光を浴びています。抗PD-1(Programmed cell death-1)抗体であるニボルマブ(商品名・オプジーボ)という薬剤が2015年12月に非小細胞肺がんに対して、健康保険での投与が可能となり、さらに、同様の作用機序を持つ薬剤が多数開発途上にあります。

一般に免疫が効きすぎるとたいへんなことになるわけで、免疫細胞が暴走したらその働きを抑える、すなわちブレーキの仕組みが体には備わっています。組織の細胞は細胞膜上にPD-L1 という蛋白を発現し、このPD-L1に免疫細胞Tリンパ球の細胞膜上にあるPD-1という蛋白が結合したら、Tリンパ球の免疫の働きが弱まる仕組みです。がん細胞もPD-L1を発現して、Tリンパ球の攻撃から身を守っていることが分かってきました。抗PD-1抗体はTリンパ球のPD-1に結合することで、PD-1とPD-L1の結合を阻害します。これにより、がん細胞に対するTリンパ球の攻撃に抑制がかかりにくくなります。また、がん細胞側のPD-L1に結合して、PD-1とPD-L1の結合を抑制する抗PD-L1抗体も、同様の作用機序でがん免疫の抑制を弱めます。

これまでのがん免疫療法は、ほとんどすべてがどのようにがん免疫を高めるか、でした。しかし、免疫チェックポイント阻害剤は、いかにがん免疫を抑制させないか、ということになります。車でいえば、アクセルを踏む治療に対して、ブレーキを踏ませない治療ということです。

非小細胞肺がんに対する臨床試験では抗PD-1抗体ニボルマブは15-20%の患者さんに有効で、しかもいったん効果が出ると、年単位で効果が持続する可能性があるという画期的な薬剤です。日本でも2015年末から非小細胞肺がん(扁平上皮がん、腺がんなど)に対して使うことができるようになりました。2017年3月からは2種類目の抗PD-1抗体であるペムブロリズマブが使われるようになりました。このほかにも複数の免疫チェックポイント阻害剤の開発がすすめられています。

当院でも、2016年1月から60人以上の方に対して、抗PD-1抗体薬を投与しており、その治療効果や合併症について、検討を行っています。

LC-SCRUM-Japanについて

2016年11月のNHKスペシャル「“がん治療革命”が始まった ~プレシジョン・メディシンの衝撃~」で取り上げられた LC-SCRUM-Japanについて、時々お問い合わせをいただきます。

LC-SCRUM-Japanは、国立がん研究センターが中心となる全国規模の肺がん遺伝子診断ネットワークです。「非扁平上皮非小細胞肺がん」「肺扁平上皮がん」「小細胞肺がん」を対象とした3つの観察研究が行われており、大阪府内では20弱の施設が研究に参加しています。(http://epoc.ncc.go.jp/scrum/lc_scrum/institutions.php)

研究参加に同意をいただいた方から腫瘍組織を採取して、腫瘍細胞に起こった遺伝子変異を検索します。複数の遺伝子変異に対する新薬(分子標的薬)の治験が全国で行われており、対象となる遺伝子変異が確認されれば、治験を実施している施設へご紹介させていただくことになります(当院での治験薬の投与ではありません)。

2017年5月現在はいったん研究が停止されていますが、2017年夏以降再開となる見込みです。もし、この臨床研究に参加を希望される場合には、当院呼吸器腫瘍内科までお問い合わせください。

(担当・呼吸器腫瘍内科部長 森 雅秀もしくは呼吸器腫瘍内科医長 矢野幸洋)。


市民検診・がん検診のご案内

豊中市民のみなさまへ

豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
がん検診・患者サロン・緩和ケアのご案内

トップへ